西大島あたらし眼科|江東区 都営新宿線 亀戸 眼科

西大島あたらし眼科

当院紹介

西大島あたらし眼科の院長からのご挨拶、経歴、院内紹介をご案内しております。

医師紹介

院長 新 卓也(あたらし たくや)

ご挨拶

西大島あたらし眼科院長の新卓也と申します。

私は筑波大学医学専門学群を卒業後、東京大学附属病院眼科教室へ入局いたしました。

大学病院や関連クリニックにて一般外来や白内障手術を行い、大学病院では緑内障を専門とする専門外来を担当しておりました。

大学病院で培った専門性とクリニックで学んだ患者様に寄り添った細やかな診療を基に、皆様が来て『ほっとする』クリニックを作り上げていきたいと思います。

眼の病気でお困りごとがあれば、なんでもご相談ください。

西大島あたらし眼科をよろしくお願い申し上げます。

経歴

所属学会

資格

院内紹介

受付

クリニックの受付です。ビルの2階までお越しいただくとすぐになります。
受付にお越しいただきましたら、保険証をご提示ください。
スタッフ一同、笑顔で患者様をお迎えいたします。

待合スペース

待合スペースです。受付が済みましたら、順番にご案内いたしますので、こちらにてお待ちください。
明るく落ち着いた雰囲気となっており、リラックスしてお待ちいただけるよう配慮しております。

診察室

スタッフがご案内いたしましたら診察室へお入りください。
医師が患者様のお悩みや困っていることをお聞きし、正確な診断のもと治療法を決めてまいります。
目の症状、病気などお気軽にご相談ください。

診察室には細隙灯顕微鏡(スリットランプ)という機器がございます。こちらは医師が患者様の目を観察するためのものです。

肉眼での観察だけでなく、より詳細に目を観察でき、目の痛みやかゆみがある際にはこちらの機器で病名がわかることも多いです。

患者さんには、座ったまま双眼鏡のようなレンズをのぞき込んで頂くだけで負担はありません。

検査室(明室)

こちらは目の検査室です。視力や眼圧の測定など基本的な眼科検査を行います。

近視・遠視・乱視などの目の屈折を調べる機器、空気の力を使って眼圧(目の硬さ)を調べる機器、コンタクトを使用されている方や白内障手術前後に角膜の裏にある細胞を調べる機器等、必要に応じた検査ができるように設備を整えております。

検査室(暗室)

目の検査における暗室です。暗いところで行う必要のある検査の際に利用します。

暗室という性質上窓もなく、暗い中で検査を行います。
お子さんなどは少し怖いと感じられるかもしれませんので、安心し緊張せずに検査を受けていただけるよう、スタッフも心配りに気を付けております。

お手洗い

クリニック内には広くゆったりとしたスペースのお手洗いをご用意しております。