西大島あたらし眼科|江東区西大島の眼科 視界がぼやける かゆみ 見にくい 目が痛い 近視・遠視・乱視 ものもらい 白内障 緑内障 都営新宿線 亀戸

西大島あたらし眼科(2020年2月開業)

白内障(はくないしょう)

白内障とは

目の中には水晶体(すいしょうたい)というカメラでいうレンズが入っています。

本来透明なレンズですが、加齢など様々な原因でにごりが生じたのが白内障です。

原因

一般的には白内障の最大の原因は加齢変化です。

多くは50歳前後から水晶体の中のタンパク質が変性し始め、軽い白内障を認めるようになります。

70歳頃にはほぼ全員ある程度の白内障を認めるようになります。

その他、糖尿病やアトピー性皮膚炎など病気に伴うもの、ステロイド薬内服を長期間続けているなど薬剤性のものや生まれつき水晶体ににごりがある先天性のものがあります。

また若い頃ボールが目に当たったり、目の付近を殴られた既往がある方、仕事柄日常的に強い紫外線や赤外線(熱線)を浴びている方は比較的若く白内障を認める場合があります。

白内障の症状

上記の様な症状は白内障以外の病気でも生じる場合があり、症状が白内障によるものかどうかの診断を受けることがとても大切です。

白内障の検査

視力検査、屈折検査、細隙灯顕微鏡検査、眼圧検査、眼底検査をおこないます。

白内障の治療

白内障は一度発症すると手術以外で治ることはありません。

しかし、白内障は人によって感じ方が大きく異なるため、手術をするかどうかの一律な基準は実はありません。

診察上かなり強い白内障を認めていても視力が良好で、自覚症状が少ない方もいれば、白内障はわずかにも関わらず強いまぶしさを感じる方もいらっしゃいます。